社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

お手紙121 習志野市・うつ病の方

voice0119

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一言で言えば、頼りになる先生に巡り会えたということです。半分諦めていた障害年金を受給できることは、娘の将来に明るい光が差した思いです。

また、親として肩の荷がひとつおりたような思いです。娘がこのような状態になるとは夢にも思っていなかった私は、離職後の国民年金の支払いを本人任せにして、その結果支払い月数が足らず、受給することがかなわず、どれだけ自分を責めたでしょうか、つらい日々でした。

先生の適切なアドバイスと手続きには大変感謝しております。

事務所をおとずれたときに不安でいっぱいだった私の気持ちを安心したものに変化させてくれたもをあげさせていただきます。

①事務所の方の暖かい対応

②つたない私の文章からの書類の作成の的確さ。

③代行(以前かかっていたメンタルクリニックへ書類を取りに行ってくださった事)

④障害年金を受給するにあたっても書類を、現在のメンタルクリニックの先生に依頼するときに同行してくださった事。本当に心強かったです。ありがとうございました。

簡単ではございますが、記載させていただきます。

※お母様から頂戴いたしました。

感謝のお手紙の関連記事