MENU

がんの患者さんも障害年金がもらえる可能性があります

tw

がんの患者さんが障害年金をもらえる?

圧縮 洋介先生社会保険労務士の渡辺と申します。最近、内科医の勝俣範之さんのツイートが話題になっています。内容は、がんの患者さんが障害年金をもらえることは、いまだにほとんど知られていない。障害年金は、簡単に言うと、重病になり、老齢年金をもらえない可能性のある患者さんが、前払いとして、年金を受給できるという制度と言ってよい。進行がん患者さんは皆受給する権利があると思います。もっと知ってほしい。というものです。

まず、障害年金とは何なのか、ご説明いたします。

 

そもそも、「障害年金」とは?

image_lp0302

「障害年金」とは、病気や事故が原因で障害を負った方へ国から援助金が給付される制度です。65歳以前に初診日があり、日常生活や仕事に支障がある人に対して支払われます。

また、働けない人でなくても、障害者雇用で就労しながら障害年金を受給することも可能ですご自身またはご家族が発達障害で働けない方、生活費に困っている方は障害年金に頼ってみるのが宜しいかと思います。

では、「がん」で障害年金がもらえるというのは本当でしょうか?

 

がんで障害年金をもらえる要件

結論から言うと、がんの患者さんも一定の要件を満たせば、障害年金をもらえる可能性が十分にあります。その「要件」について、詳しくご説明します。

まず、がんは障害年金の認定基準では悪性新生物による障害というカテゴリに分類されます。大腸がん、乳がん、子宮がん、肺がん、胃がん、肝がん、・・・・等癌(がん)全般が対象です。

下記のいずれかに該当する方であれば、障害年金がもらえる可能性が高いと言えます。

1級 著しい衰弱又は障害の為、身のまわりのことが出来ず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲が概ねベッド周辺に限られるもの
2級 衰弱又は障害の為、次に掲げる状態に該当するもの いうお
(1)身のまわりのある程度のことは出来るが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出などがほぼ不可能となったもの
(2)歩行や身のまわりのことは出来るが、時に少し介助が必要で、軽労働は出来ないが、日中の50%以上は起居しているもの
3級 著しい全身倦怠の為、次に掲げる状態に該当するもの
(1)歩行や身のまわりのことは出来るが、時に少し介助が必要で、軽労働は出来ないが、日中の50%以上は起居しているもの
(2)軽度の症状が有り、肉体労働は制限を受けるが、歩行・軽労働・軽い家事・事務などは出来るもの
障害手当金 (1)身体の機能に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を
加えることを必要とする程度の障害を有するもの

 

 実際にがんの患者さんで障害年金を受給された方の事例

千葉障害年金相談センターでは、多くのがん患者さんの障害年金受給をサポートしてきました。下記に代表的な受給事例をご紹介します。

子宮頸癌で障害厚生年金2級を取得、年間約260万円を受給できたケース

相談者の方は、無職の40代女性でした。出産後に下腹部痛、性器出血が発生し、症状が治まらなかったため婦人科受診した結果、子宮頸がん、下肢リンパ浮腫が判明し、その後歩行不可となってしまいました。

本人が外出できないためご主人が相談に来られました。初診日の証明は当事務所にて取り寄せるなどして、障害年金の受給サポートをいたしました。

最終的に、障害厚生年金2級の認定を受けられ、年間約260万円の支給になりました。

 

 直腸癌で障害厚生年金3級を取得、年間82万円を受給できたケース

相談者の方は、会社員の40代男性。4年前の会社の健康診断で、大腸癌の疑いがあると診断され、その後病院で診断を受けたところ直腸癌と診断されました。初診日から4ヵ月後、人工肛門を装着されました。その当時は障害年金のことを知らずに、障害者手帳のみ取得されていましたが、たまたま当事務所のHPを見られて相談に来られました。

初診日が4年前だったので、初診を受けた病院で初診日証明をもらうなど当センターでサポートをした結果、障害等級3級を取得し、年間82万円、約4年間の遡及額で合計320万円を受給されました。

 

千葉障害年金相談センターでは、無料でご相談を受け付けております。

reasonlp_09ご自身やご家族の方ががんを患っており、障害年金をまだ支給してもらっていないという場合には、当センターの無料相談をご利用ください。当センターの専門家が、受給できるかどうかや今後の流れなどについて、詳しくご説明します。

いつでも相談を受け付けておりますので、お気軽にお申し込み下さい。

無料相談をご希望の方は、下記からお申し込みください。
後日担当者より日程調整のご連絡をさせていただきます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まい (必須)

お電話番号 (必須)

生年月日

病名(わかる範囲で構いません)

初診日(わかる範囲で構いません)

初診日当時の年金の種類(わかる範囲で構いません)

備考 (必須)

ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

 

メールでのご相談も受け付けております。

センターに行く時間がない、とりあえずメールにて質問したい、という方には、メール相談も承っております。下記のフォームからお気軽にお問合せください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まい (必須)

お電話番号 (必須)

生年月日

病名(わかる範囲で構いません)

初診日(わかる範囲で構いません)

初診日当時の年金の種類(わかる範囲で構いません)

ご相談内容(必須)

ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

手軽に診断 1分間受給判定

どの社労士に相談するか悩んでいる方へ

LINE
失敗しない 相談先選びのポイント
お客様の声
推薦者の声
障害年金勉強会(無料)開催中