社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

障害年金でもらえる金額

1.障害年金はいくらもらえる?

障害年金は、現在の傷病につながる前兆症状を訴えて初めて受診をした日(初診日)に加入していた年金制度の種類や家族構成により、もらえる金額が異なります。

初診日に国民年金加入中の方(自営業や学生、被扶養者)や20歳前に初診日のある方は障害基礎年金、初診日に厚生年金や共済組合に加入中の方は障害厚生年金でのお手続きとなります。

 

2.障害基礎年金はいくら?

障害基礎年金の額は年金の加入期間を問わず、定額です。等級に応じて一律の金額が支給されます。
1級は2級の1.25倍となっています。

子の加算は、子が18歳になった後の最初の3月31日まで加算対象となります。加算対象の子が障害等級1級・2級に該当する場合は、20歳の誕生日まで加算対象となります。

3.障害厚生年金はいくら?

障害厚生年金の額は、初診日から1年6カ月経過後(障害認定日)までに厚生年金に加入していた期間の長短、給与の額(払っていた保険料の額)などで異なります。

2級の障害厚生年金の報酬比例年金の計算は、老齢厚生年金と同じ計算をします。1級の障害厚生年金の報酬比例年金の額は、2級の1.25倍です。

なお、若くして障害を負ってしまい厚生年金の加入期間が短い方は年金額が低くなってしまうので、加入月数300月未満のときは、300月とみなして計算します。

また、3級の場合には、年金額が低くなりすぎないように最低保障額が設けられています。

また障害等級1~3級に該当しなかった場合でも、一時金として障害手当金が支給されるケースもあります。

障害手当金は障害基礎年金にはない制度です。

「障害年金でもらえる金額」の関連記事はこちら

手軽に診断 1分間受給判定

お客様の声
推薦者の声推薦者の声
障害年金勉強会(無料)開催中