社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

網膜色素変性症で障害厚生年金2級を取得、年間約140万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/会社員)
傷病名:網膜色素変性症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 (年間約140万円受給)

相談時の相談者様の状況

ご相談者様は10年程前に職場の健康診断で網膜色素変性症の疑いを指摘され眼科を受診しました。
根治療法はなく将来的に失明の可能性があることなど説明を受けましたが、自覚症状が無かったため深刻に受け止めず自己判断で通院を中止しました。
その後、次第に眼精疲労、頭痛、夜盲、視野の狭まりなどの症状が現れ、車の運転や仕事に危険を感じることが増えました。
改めて眼科を受診し、仕事は休職することになりました。
間もなく休職および傷病手当金の期間が満了するものの復職に不安があり障害年金の受給を希望されご相談のメールを頂きました。

相談から請求までのサポート

ご相談者様はお住まいが遠方だったことや、公共交通機関をお一人で利用することに不安があるということで、初回無料相談の面談は行いませんでした。
お電話やメールでご状況を伺った所、初診日の証明書に当たる「受診状況等証明書」をご自身で取得済みだったことや、障害者手帳の等級から障害年金の認定基準においても2級相当であることが判断できたためご自身でお手続きされることもお勧めしましたが、年金事務所との往復や各種書類の取り寄せ、「病歴就労状況等申立書」の作成が困難ということで事務代行を承りました。
ご契約後の連絡はメール、電話、郵便のやり取りでお手続きの準備を進めました。
傷病手当金の受給期間満了から空白期間なく障害年金へ移行できるよう希望されていたため、適切なタイミングで診断書を作成して頂きお手続きを進めました。
年金事務所への外出や書類作成の負担なくお手続きができたと喜んで頂くことができました。

結果

網膜色素変性症で障害厚生年金2級を取得、年間約140万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「視覚障害」「網膜色素変性症」の記事一覧