社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

網膜色素変性症で障害厚生年金2級を取得、年間約160万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/正社員)
傷病名:網膜色素変性症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
 

相談時の相談者様の状況

お問い合わせを頂いた時に初診日の証明が出来ずに困っていることを伺いました。
お電話でお話しできる限りのことをご説明しましたが、後日お電話をいただき当センターにお任せしたいと言っていただきました。
お仕事をしていること、視野がほとんどなく歩行に支障をきたしていることから当センターの無料相談会にはお越しいただかず、お電話のみでやり取りしました。

相談から請求までのサポート 

初診日のことを伺う中で、現在の主治医の先生は2番目に受診し病院からずっと同じ医師であることが分かりました。
当方にて、主治医の先生にお電話をすると初診の病院に関するご本人様からの聴取記録が残っていることが分かりました。
聴取記録のご提供とあわせて、「初診日に関する第三者申立書」の記載をお願いすると快諾して頂きました。
主治医の先生を2回訪ね、初診時のことがよく分かる第三者証明を作成して頂くことができました。
そのほかにも、ご本人様のお手元に残っていた健康診断の記録も初診日の証明として提出しました。

結果 

網膜色素変性症で障害厚生年金2級を取得、年間約160万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「視覚障害」「網膜色素変性症」の記事一覧