社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

網膜剥離・両浸出性硝子体網膜症・両角膜変性・両続発性緑内障で障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受給できたケース

相談者

女性(20代/無職)
傷病名:網膜剥離・両浸出性硝子体網膜症・両角膜変性・両続発性緑内障
決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級

相談時の相談者様の状況

就労移行支援事業所の職員様から当センターを紹介頂き、お母様と船橋の無料相談会にお越しいただきました。
生後すぐに目の異常を指摘され近所の眼科に長年通院していました。
治療費や将来のため仕事をしていましたが、負担が大きく病気を悪化させてしまう恐れがありました。
最近になり障害年金のことを知り、障害年金があれば仕事量を減らすことができるため申請を希望していました。

相談から請求までのサポート

視力が殆どなく、書類作成ができないご本人様に代わり書類の作成や病院とのやり取りと当センターで行ないました。
申請をスムーズに行なうことができました。

結果

網膜剥離・両浸出性硝子体網膜症・両角膜変性・両続発性緑内障で障害基礎年金1級を取得、年間約98万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「視覚障害」「視覚障害・その他」の記事一覧