社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

双極性障害で障害基礎年金2級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談者

女性(40代/無職)
傷病名:双極性障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 (年間約100万円受給)

相談時の相談者様の状況

これまでご自身で手続きをし長年障害年金を受給されていましたが、更新で支給停止となってしまったことからご相談いただきました。
支給停止された時点の診断書を拝見したところ、日常生活能力の項目についてはこれまでの診断書と変化なく2級相当の内容でしたが、診断書の文言に「育児・家事ができている」「服薬量は減っている」など症状が改善したと読み取れる文章が見受けられました。
しかし実際のお話を伺うと、子を出産した後もほとんど実家に身を寄せて過ごしており、家事や育児は両親や夫に頼り切りの状態でした。
日常生活能力の項目から、まず審査請求を行い、棄却の場合には新たに診断書を取得し支給停止事由消滅届を提出してはどうかと提案させていただき、お手続きを進めることになりました。

相談から請求までのサポート

まず診断書日常生活能力の判定より2級相当であるという根拠を示し、審査請求を行いました。
審査請求書作成の際には診断書の文章から日常生活が困難であったという根拠を示すとともに、お母様から実際の日常生活について申立書を作成いただき提出しました。
結果棄却されてしまいましたが、決定書謄本では「2級相当の内容ではあるが家事や育児ができていたことから日常生活に著しい支障があったとみなすことができない」旨記載されていました。
上記より支給停止事由消滅届の手続き時には、家事や育児が1人で行えているわけではないこと、夫・両親の援助がなければ日常生活が成り立たないことを再度主治医にお伝えした上で診断書を作成いただき、提出しました。
審査請求では棄却とされてしまいましたが、決定書謄本の内容から支給停止となった理由をより明確にできたことで、支給停止事由消滅届はポイントを押さえて手続きすることができました。

結果

双極性障害で障害基礎年金2級を取得、年間約100万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「双極性障害」の記事一覧