社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

自閉症スペクトラム障害、ADHDで障害厚生年金2級を取得、年間約170万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:自閉症スペクトラム障害、ADHD
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 (年間約170万円受給)

相談時の相談者様の状況

優秀な営業マンとして長年勤務していましたが、お客さんからのクレームや社員との衝突で常にトラブルを抱えていました。
社長の温情で勤務を続けてきましたが、度重なるトラブルや日頃の生活状態、自分の子供が発達障害の診断を受けたことをきっかけに自分にも発達障害があるのではないかと疑い病院を受診したところ自閉症スペクトラム障害とADHDの診断を受けました。
仕事を辞めて、発達障害に配慮がある障害者雇用を目指すことにしました。
収入が大幅に減るため、障害者年金を申請しました。

相談から請求までのサポート

ご本人や奥様から日常生活状態をヒヤリングし、診断書作成時の参考資料を作成しました。
診断書は病状や生活実態を詳細に書いて頂きました。

結果

自閉症スペクトラム障害、ADHDで障害厚生年金2級を取得、年間約170万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「発達障害・知的障害」の記事一覧