社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

厚生年金加入中の更新手続きで額改定請求を行い障害厚生年金2級を取得、年間約140万円を受給できたケース

相談者

 

男性(40代/会社員)

傷病名:双極性感情障害

決定した年金種類と等級: 障害厚生年金 2級 (年間約140万円受給)

 

 

相談時の相談者様の状況

 

ご相談者様は既に障害厚生年金3級を受給中でした。

遠方から千葉県に転居することになったものの、障害年金の更新時期が迫っているということでご相談のメールを頂きました。

 

 

相談から請求までのサポート

 

実際に千葉県に転居されてから奥様と一緒に当センターの千葉事務所にご来所頂きました。

お話を伺ったところ、転居の理由や病歴、ご病状についてご本人様のお話と奥様のお話に食い違う点が多々ありました。

奥様のお話では病気の影響で記憶や認識力の低下が著しいということでした。

詳しくお話を伺うと、躁状態になったタイミングで衝動的に夫婦揃って同じ職場に転職できるよう、奥様に相談なく勝手に話を進めてしまったそうです。

実際に転居・転職の時期になったところ鬱転してしまい、実際には就労ができるような病状ではありませんでした。

病歴や転居の理由、実際の日常生活状況を適切に資料にまとめ受診の際、持参して頂きました。

診察および精査の結果、重度のうつ状態につき就労不能と診断され、障害年金の診断書を作成して頂くことができました。

診断書の内容を踏まえ、更新時には「額改定請求書」(障害等級を上げて下さいという趣旨の申請書)を併せて提出しました。

「自分と妻だけでは転院先すら決まらず、更新の手続きもできないまま年金の受給が止まっていたと思うので事務代行を依頼して良かった。」と喜んで下さいました。

 

 

結果

 

更新手続きで額改定請求を行い障害厚生年金2級を取得、年間約140万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「双極性障害」の記事一覧