社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

自閉症スペクトラム症で障害厚生年金2級を取得、年間約166万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/無職)
傷病名:自閉症スペクトラム症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 (年間約166万円受給)

相談時の相談者様の状況

大学卒業後国家資格を得て就労していましたが、人間関係が悪化して退職に追い込まれました。
健康保険の傷病手当金を受給中でしたが、障害年金の手続きが始められるなら早く始めたいとの意向でした。
傷病手当金と障害年金は重複して同じ期間には受給できませんが、傷病手当金の金額の方が多ければ、差額を受け取ることができますので、ご希望通り手続きを開始しました。

相談から請求までのサポート

仕事においては大変優秀でいらっしゃいましたが、日常生活においては配偶者の支援が必要不可欠な状態でした。
日常のご様子をひとつひとつお伺いして医師に渡す資料を作成しました。
日常の困りごとをよく反映した診断書を作成していただくことができました。

結果

自閉症スペクトラム症で障害厚生年金2級を取得、年間約166万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「発達障害・知的障害」の記事一覧