社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

広汎性発達障害、双極性感情障害で障害厚生年金2級を取得、年間約130万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/無職)
傷病名:広汎性発達障害、双極性感情障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 (年間約130万円受給)

相談時の相談者様の状況

4年前にご自身で手続きをしましたが、結果は不支給でした。
障害者雇用で働いたこともありましたが、対人関係や仕事のミスで悩みが続きました。
病名は広汎性発達障害に加え双極性障害感情障害の診断も受けていたため、無理して働こうとせず障害年金を受給してから時間をかけて就労支援を受けながら社会復帰を目指したいと思っていました。

相談から請求までのサポート

ご本人様の視点だけで日常生活状況を判断するのではなく、ご家族様の視点からみた日常生活状況を詳しく伺いました。
参考資料としてまとめて、診断書を医師に書いて頂く際の資料をしてお渡ししました。

結果

広汎性発達障害、双極性感情障害で障害厚生年金2級を取得、年間約130万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「発達障害・知的障害」の記事一覧