社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

注意欠陥多動性障害、うつ病で障害厚生年金3級を取得、さかのぼりで約280万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/無職)
傷病名:注意欠陥多動性障害、うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 (年間約58万円受給)

相談時の相談者様の状況

大学卒業後、営業職に就きましたが会話がかみ合わないなどコミュニケーション能力に難があり、わずか3か月で退職となったそうです。
その後、転職もされましたが、数か月で退職するなどいずれも長く続きませんでした。
これまでの経緯や臨機応変な対人関係が苦手であったことから、発達障害を疑い医療機関を受診し現在まで定期的な医師の助言を求めているそうです。
安定した就労が出来ない期間が長期化していていることからご相談に起こしいただきました。

相談から請求までのサポート

医師に自分の状況を伝えることが難しいようでしたので、日常生活について私共で詳細にまとめた資料を医師にお渡しいただきました。
病歴・就労状況等申立書については、発達障害の特性上出生から現在までを記載する必要があります。
このため、長期間にわたるエピソードについてご本人より伺ったお話と、診断書の内容をすり合わせながら作成し提出しました。
二次障害としてうつ病も発症しておられましたので、日常生活の支障についてまとめた
別紙も併せて提出しました。

結果

注意欠陥多動性障害、うつ病で障害厚生年金3級を取得、さかのぼりで約280万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「うつ病」の記事一覧