社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

軽度精神遅滞・気分変調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/無職)
傷病名:軽度精神遅滞・気分変調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 (年間約78万円受給)

相談時の相談者様の状況

工場で働いていましたが、会話がかみ合わず、理解できないことが多くあったそうです。
周囲のサポートもあり特に大きな問題に発展することはなかったそうですが、職場で苦手な上司が出来たことから、精神的に不安定になり病院に通院することになったそうです。
その後、退職されましたが情緒不安定になることが多く、自宅に引きこもるといった悪循環に陥っていました。
単身生活となってからは、行政の支援員等の声かけ、援助がなければ日常生活が滞ってしまうような状態でした。
これまで障害年金の制度をご存じありませんでしたが、支援員の声かけにより手続きを進めることになりました。

相談から請求までのサポート

主治医は障害年金に非常に理解があり、迅速かつ的確に診断書を作成して下さいました。
発病から現在までの病歴を記載する「病歴就労状況等申立書」は当センターが代理作成しました。
事務代行により役所への訪問など一切なく、全ての書類がスムーズかつ的確に揃えられたと非常に喜んで下さいました。

結果

軽度精神遅滞・気分変調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「発達障害・知的障害」の記事一覧