社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(40代/無職)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 (年間約78万円受給)

相談時の相談者様の状況

中学生の時から不登校で長年精神科に通院していました。
父親が他界して、母親と一緒に暮らしていましたが認知症を患い施設に入所したため一人暮らしになりました。
母親に日常生活のことをやっていてもらっていたので、一人暮らしになり生活が滞るようになりました。
障害年金の手続きをご自身で行なっていましたが、書類を紛失して同じ書類を何度も取り直して一向に進まない状況でした。
市の自立支援センターの方と一緒にご相談にいらっしゃいました。

相談から請求までのサポート

病院の必要書類を取得するところからサポートさせて頂きました。
病院から同じ書類を何度も取得する理由を求められたので説明を行なったり、ご本人様に代わって病院の先生に障害年金の手続きを必要とする理由や初診日の取り扱いについてご説明を行いました。
書類をスムーズに書いていただくことができ、ご契約から半年で障害年金を受給することができました。

結果

統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「統合失調症」の記事一覧