社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(30代/無職)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 (年間約78万円受給)

相談時の相談者様の状況

10代の頃から病気をわずらっていました。
両親と交際相手が生活費や通院の面倒、日常生活には助言をしてきました。
転院先の病院で障害年金のことを知り、交際相手とご相談に来ていただきました。

相談から請求までのサポート

障害認定日のお手続きを行いましたが、認定日当時は病名が神経症のため年金には該当しませんでした。
現在のご病状は病名も変わり、普段の生活もお一人では困難であったため幻聴や幻覚の状態も詳細に診断書に記入頂きました。

結果

統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「統合失調症」の記事一覧