社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

うつ病、ADHDで障害基礎年金2級を取得、さかのぼりで約312万円を受給できたケース

相談者

男性(20代/無職)
傷病名:うつ病、ADHD
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 (年間約78万円受給)

相談時の相談者様の状況

幼少期から落ち着きが無く勉強が苦手で同級生とは喧嘩をする等トラブルが絶えませんでした。
ストレスから自宅では物を壊して暴れたり家族に暴力をふるって手が付けられませんでした。
小児科に受診したところ、発達障害と診断されましたが根本的な治療方法が無く通院は数回で終了しました。
大学生になり1人暮らしを始めましたが、自宅はごみや洋服、漫画等が散乱して散らかり放題で、食事や洗濯や洗い物等の家事は全くしていませんでした。
遠方に住む両親が毎週自宅に来て家事をしたり大学の課題を手伝って何とか卒業することはできましたが、就職できず自宅に引き籠った生活をしていました。

相談から請求までのサポート

ご家族様から日常生活状況や幼少期からのご様子を伺い診断書の補足になるように、病歴就労状況等申立書に詳しく記載しました。
病院の書類依頼をご家族様にもご協力頂き無事に遡って年金を貰うことがきました。

結果

うつ病、ADHDで障害基礎年金2級を取得、さかのぼりで約312万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「うつ病」の記事一覧