社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

気分変調症・知的障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(20代/無職)
傷病名:気分変調症・知的障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 (年間約78万円受給)

相談時の相談者様の状況

お父様よりご相談いただきました。
娘さんは幼少期から対人関係が非常に苦手で、言葉で気持ちを伝えられなかったり、場にそぐわない発言をするなど相手に誤解されることが多くありました。
高校卒業後は、アルバイトのための面接を受け、シフト等の条件にも柔軟に対応するなど、多くの要望は出していないにも関わらず、相当数の職場で不採用の結果となりました。
自暴自棄になることが増え、家庭内でも破壊行動があったため、医療機関を受診しました。
定期通院を継続しておりますが、自宅では無為に過ごしており、日常生活全般において家族の援助が必要不可欠な状態が続いています。

相談から請求までのサポート

ご本人の口から主治医の先生にお話をすることが困難と伺いましたので、ご家族から日常の様子を詳しく伺い、当センターで参考資料を作成しました。
診断書の依頼時には、参考資料を先生にお渡しいただくとともに、ご家族の方から日常生活の支障をしっかりとお伝えいただきました。
病歴就労状況等申立書も幼少期の頃のエピソード等、ご家族から伺った内容を具体的に盛り込み作成しました。

結果

気分変調症・知的障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「発達障害・知的障害」の記事一覧