社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

軽度精神遅滞で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(20代/障害者雇用)
傷病名:軽度精神遅滞
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 (年間約78万円受給)

相談時の相談者様の状況

ご両親から代理相談いただきました。
双子で出生しましたが、幼少期から他の児童と異なる行動が続き、中々寝付かない、ずっと動き回るなどして子育てにも非常に苦労されたそうです。
3歳から発達支援センターを利用し、小学校入学以降は特別支援学級に通級していました。
高校卒業後は障害者雇用で就労し、手厚い配慮を受けながらなんとか仕事を続けています。
2人同時に手続きするのは大変だということでご依頼いただきました。

相談から請求までのサポート

ご相談いただいた時点で20歳前だったため、20歳の誕生日が到来するのを待ちつつ、知能検査結果を取り寄せるなど診断書の依頼準備をしました。
これまで定期的に通院している医療機関はなかったため、どの医療機関にかかるかご両親と一緒に相談しながら決めました。
初めて受診する医療機関のため、診断書依頼時には現在の様子のほか、これまでの経過についても詳細にまとめた資料を添付し依頼しました。
就労していることのみで判断されないよう、病歴就労状況等申立書に仕事内容や職場から受ける配慮を詳細に記載し、配慮ある環境下での就労であることをしっかり伝えました。

結果

軽度精神遅滞で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「発達障害・知的障害」の記事一覧