社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

広汎性発達障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(20代/障害者雇用)
傷病名:広汎性発達障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 (年間約78万円受給)

相談時の相談者様の状況

就労移行支援事業所の支援員の方よりご相談いただき、出張面談を行ないました。
就労移行支援事業所を経て、大企業の障害者雇用で働いていました。
しかし、対人関係のストレスから入社して1年経たず、休職となりました。
復職の目処がなく経済的な不安を解消するため障害年金の手続きを行なうことになりました。

相談から請求までのサポート

面談時にご本人様、ご家族様、就労移行支援事業所の支援員の方から日常生活や就労状況について詳しくヒヤリングを行ないました。
参考資料にまとめ、診断書を医師に依頼する際にお渡し頂きました。
診断書にはご病状について詳しいエピソードを記載いただくことができました。

結果

広汎性発達障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「発達障害・知的障害」の記事一覧