社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

アスペルガー症候群で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/非正規雇用)
傷病名:アスペルガー症候群
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

相談時の相談者様の状況

幼少期から整理整頓が苦手、授業中にも動き回るなどの行動は見られましたが、個性の範囲ととらえ医療機関を受診することはありませんでした。
専門学校卒業後に就職した会社で、同僚からいじめを受けるようになり、出勤すると頭痛やめまいなどの体調不良を自覚したため医療機関を受診しました。
通院・服薬を続け何とか障害者雇用で就労したものの、規定の勤務日数通りに出勤することできず、休職や欠勤を繰り返している状態です。
就労移行支援事業所の定着支援も受けてはいますが、いつ退職となってもおかしくはないことから、将来に不安を感じご相談いただきました。

相談から請求までのサポート

まずは初診病院で受診状況等証明書を取得しました。
作成依頼はこちらで代行できましたが、受取はご本人様の来院が必要であったため書類受取をお願いしました。
診断書依頼時には日常生活について、ご本人様・お父様からヒアリングした内容をまとめた参考資料を添付し、依頼しました。
病歴就労状況等申立書には就労しているもののアルバイトであること、出勤日数が激減していること、1日2時間の短時間就労であることを詳細に記載し、相当の配慮のある環境下で就労していることが分かりやすいようにまとめました。

結果

アスペルガー症候群で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「発達障害・知的障害」の記事一覧