社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

うつ病で障害厚生年金3級を取得、年間約59万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/非正規雇用)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 (年間約59万円受給)

相談時の相談者様の状況

就労していましたが不眠や食欲不振などの症状が出現。
パニック発作も頻発するようになり、次第に会社へ出勤できなくなりました。
上司からも医療機関の受診を勧められ、精神科を受診、以来定期的に通院を続けています。
仕事は継続できず退職となり、現在は病状に理解のある知人の会社でアルバイトを行っています。
しかし病状が悪化すると出勤できないため収入は不安定で、将来への不安を抱えている状況です。

相談から請求までのサポート

ご本人様から伺った初診病院に受診状況等証明書を依頼しましたが、前医があるとのことで依頼ができませんでした。
再度ご本人様と病歴を確認し直し、初診病院へ受診状況等証明書を依頼しました。
作成いただいた診断書にはアルバイト先での援助や支援の状況、実際の給与など詳細が記載されていませんでした。
就労していることだけで審査がされないよう、就労実態を伝えるために会社上司の方に協力いただき、ご本人様の就労状況について申立書を作成いただきました。
また、実際の給与を証明するため、給与明細を添付し、診断書に記載されている金額よりも少額であることを提示しました。

結果

うつ病で障害厚生年金3級を取得、年間約59万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「うつ病」の記事一覧