社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

双極性障害で障害厚生年金2級を取得、年間約190万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/会社員)
傷病名:双極性障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 (年間約190万円受給)

相談時の相談者様の状況

入院中のご本人様からお電話をいただきました。
長期にわたる長時間労働から体調を崩され医療機関を受診。
パニック障害やうつ病など病名の変更はありましたが、初診時から長期に渡り医療機関の受診を継続していました。
会社は保証が手厚く、休職・復職を繰り返しても辛うじて在籍することはできていますが、現在まで約1年半に渡り入院しており、退院の見通しは全く立っていない状態です。

相談から請求までのサポート

ご本人様入院中のため、お手続きは電話や手紙でのやり取りで進めました。
初診日から5年以上経過していましたが、幸いにもカルテは残されており、受診状況等証明書を取得することができました。
診断書依頼時には通常日常生活の資料を作成しますが、入院中の様子を医療機関で把握しているため、日常生活の参考資料ではなくこれまでの病歴や通院歴についての資料を中心にまとめました。
入院中とあって、診断書の内容もかなり重い内容で作成いただきました。

結果

双極性障害で障害厚生年金2級を取得、年間約190万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「双極性障害」の記事一覧