社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

うつ病(反復性うつ病)で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(20代/無職)
傷病名:反復性うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 (年間約78万円受給)

相談時の相談者様の状況

ご本人様・お母様と相談にお越しいただきました。
当初はご自身で進めようと手続きを進めていましたが、初診病院での初診日確認で時間がかかりご相談いただきました。
幼少期から摂食障害があり、その事が原因で学校にも行くことができず入退院を繰り返していました。
次第にうつ病も発症し、就労はおろか生活もままならない状態が続いています。
経済的不安を解消し、まずは療養に専念したいとご相談いただきました。

相談から請求までのサポート

お話を伺うと、初診病院では複数の診療科を受診していましたが、一番古い診療科にはカルテが残っておらず証明ができない状態でした。
20歳以降に医療機関を始めて受診した場合には正確な初診日が求められますが、20歳前が初診であれば納付要件が問われないため、20歳前から受診していたことの証明ができればお手続きが可能となります。
この方は小学生の頃から長年受診していたため、初診のカルテが無くても20歳前であったことの証明は可能だと判断し、初診以外の診療科にて受診状況等証明書を作成いただきました。
20歳誕生日前日の障害認定日当時も現在と同様の状態であったことから、障害認定日と現在2枚の診断書を取得しました。
病歴・就労状況等申立書は幼少期から作成する必要があったため、診断書の内容と整合性を図るほか、ご本人様・お母様からもお話を伺いながら作成しました。

結果

うつ病(反復性うつ病)で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「うつ病」の記事一覧