社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談者

女性(40代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 (年間約100万円受給)

相談時の相談者様の状況

当センターのHPからお問い合わせのメールを頂きました。
ご相談者様は長年、精力的にお仕事に励まれていましたが、出産後、お子さんの保育先が確保できず、やむを得ず退職されました。
ご主人様は多忙かつ不規則な職種のお仕事をされており、家事、育児をワンオペで行ううちにうつ病を発症しました。
10年近く治療を継続していますが、症状が改善せず日常生活全般に支障をきたしていることから障害年金のお手続きを希望しているということでご相談を頂きました。

相談から請求までのサポート

面談時にお会いした際、顔色が優れず非常に体調が悪い印象を受けました。
ご自身で必要な書類を揃えることは難しいご様子でした。
また、ご主人様はご相談者様の病気に理解がありますが、お仕事が多忙なため実質的なサポートは難しいということで事務代行を承りました。
ご相談者様は初診日から4年間ほど同じ病院に通っており、カルテも残っていることが分かりました。
初診の病院には、当時のカルテの内容を精査していただき、初診日の証明書に当たる「受診状況等証明書」もしくは、「初診日から1年6か月を経過した障害認定日当時の診断書」のいずれが作成可能か判断して頂くことになりました。
結果、診断書を作成して頂くことができました。
また、現在通院している病院に診断書を依頼する際には、ご病状や日常生活上の困りごとを詳しくヒアリングし、参考資料を添付しました。
診断書作成のためだけでなく、ご自身の病状把握や今後の治療の参考になると喜んで頂く事ができました。
初診病院への書類作成に関する確認・依頼やお手続きに必要な書類の代理作成など、ご自身では体調的に困難な作業を全て代行で済ませることができ、負担なくお手続きできたと喜んで下さいました。
結果的には障害認定当時のご病状は程度不該当で不支給となりましたが、現在のご病状については2級が認定されました。

結果

うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間約100万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「うつ病」の記事一覧