社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

気分変調症、パニック障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(30代/無職)
傷病名:気分変調症、パニック障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 (年間約78万円受給)

相談時の相談者様の状況

ご両親より相談いただきました。
アルバイトを退職後、将来への不安感に苛まれたことで、頭痛や不眠といった症状が現れ始め、医療機関を受診しました。
現在まで通院を続けていますが、家族間の問題から精神的に不安定になることが多く、日常生活や就労に支障をきたしています。

相談から請求までのサポート

年金事務所で書類一式をいただいた後、初診病院で受診状況等証明書を取得しました。
当初は認定日請求を希望されていましたが、初診日から1年6か月経過後に通院をしていなかったため事後重症請求となりました。
現在通院中の医療機関に診断書を依頼する際は、ご両親から伺った状況を参考資料としてまとめ提出いただきました。
病歴就労状況等申立書は、お父様が事前に準備されていた内容を参考に、診断書と整合性をとり整備しました。

結果

気分変調症、パニック障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「精神疾患・その他」の記事一覧