社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(40代/無職)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 (年間約78万円受給)

相談時の相談者様の状況

主治医から「障害年金は寝たきりの人でないともらえない」と言われ、年金事務所では「2級に該当するのは家から出られないくらいの方」と言われたとのことでご相談いただきました。
2級だと生活のほとんどが家の中である場合が多いけれども、必ずそうであるわけではなく、障害年金に該当するかどうかは審査に提出する診断書の内容によることを説明しました。

相談から請求までのサポート

日常生活の様子をご本人様より詳しく聞き取り、診断書作成依頼時に書類にまとめて医師にお渡ししました。
実際の様子がよく反映された診断書を作成いただくことができました。

結果

統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「統合失調症」の記事一覧