社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

うつ病で障害厚生年金2級を取得、さかのぼりで約700万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 (年間約135万円受給)

相談時の相談者様の状況

お電話にて問い合わせをいただいたのち、無料相談にお越しいただきました。
10年以上前からうつ病を患っていますが、長年の治療にも関わらず病状は一進一退の状態が続いています。
現在は自宅療養中ですが、家事もままならず夫のサポートが必要不可欠です。
初診病院が遠方であったことや、障害年金の手続きが煩雑だと知ったことから、事務代行をご依頼いただくことになりました。

相談から請求までのサポート

初診病院に問い合わせを行ったところ、カルテも残っており初診日から1年6カ月経過後の障害認定日当時も通院していることが分かったため、認定日請求を行うことになりました。
診断書依頼時には事務所職員と病院の相談員さんとでやり取りをしましたが、障害年金について非常に理解のある相談員さんに対応いただけたことで、スムーズに依頼することができました。
現在通院中の病院に診断書を依頼する際は、障害認定日の診断書写しに加え、ご本人からヒアリングさせていただいた日常生活についての参考資料を添付しました。
戸籍謄本などの必要書類については、本籍が遠方だったため弊事務所で代理取得をし書類を揃えて提出しました。
診断書を2通取得したことでお手続きにはかなり時間がかかってしまいましたが、ご本人様の障害状態をきちんと記載いただいた診断書で手続きすることができました。

結果

うつ病で障害厚生年金2級を取得、さかのぼりで約700万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「うつ病」の記事一覧