社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(40代/無職)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 (年間約78万円受給)

相談時の相談者様の状況

病院で開催した障害年金勉強会にお兄様にご参加いただき、後日個別相談にご来所いただきました。
お母様の介護に疲れ果てて、抑うつ症状が出現。
その後精神科の通院を続けていましたが、ご病状は改善せず、入退院を繰り返すご病状でした。
お兄様が数年前に障害年金の手続きを行おうと、初診日の病院に連絡をしていましたが、カルテが破棄されて証明ができず、手続きは諦めておられました。

相談から請求までのサポート

当時通院していた幾つかの病院すべてに連絡を入れて、初診日に関する情報がないか探しました。
精神科専門の病院に、初診した病院からの紹介状が残っていました。
紹介状には受診までの経緯や初診日がはっきりと明記されていたので、初診日の証明として認められました。
診断書は入院中のご様子を詳細に記載していただいたので、無事に障害年金が認められました。

結果

統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「統合失調症」の記事一覧