社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

双極性障害で障害共済年金2級を取得、年間約185万円を受給できたケース

相談者

女性(40代/無職)
傷病名:双極性障害
決定した年金種類と等級:障害共済年金2級

相談時の相談者様の状況

以前、お子様の障害年金手続きをサポートさせて頂いたお母様からの相談でした。
ご自身も仕事やお子様のことで長年悩み、長年にわたり精神科で治療を受けていました。
しかし、病状が悪くなり仕事を3年間休職。
その間に、入院をすることもありました。

相談から請求までのサポート

ご相談いただいた時点ではまだ休職に入ったばかりで、仕事復帰することも考えておられました。
初回相談時は、念のため初診の病院で受診状況等証明書を取得しておくことをお勧めし終了しました。
その約1年後に再びお電話を頂き、休職が続いていて収入が無いとのため障害年金の手続きを行なうことになりました。
手続きスタートするときには初診の病院が廃院になっていましたが、初回相談後に取得してもらった受診状況等証明書を使用することができました。
診断書は病状を詳しく書いて頂くことができました。

結果

双極性障害で障害共済年金2級を取得、年間約185万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「双極性障害」の記事一覧