社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

双極性感情障害で障害厚生年金2級を取得、さかのぼりで約840万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/無職)
傷病名:双極性感情障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級(年間約157万円受給)

相談時の相談者様の状況

交通事故の後遺症により仕事に支障をきたすようになり、次第にストレスを感じるようになりました。
意欲低下や不眠などの症状から精神科を受診、現在まで20年ほど通院を続けています。
そう状態になると就労意欲が湧き就職しますが、何度就労しても数か月で退職に至ってしまいます。
とても就労できる状態ではなく、主治医からは入院かヘルパーを要請したほうがいいと勧められるほど、日常生活にも支障をきたしています。

相談から請求までのサポート

障害認定日当時、会社に在籍してはいましたが、当時からヘルパーに頼るなど就労はままならない状況でした。
そこで、障害認定日での請求を行うことにしました。
当初は郵送で作成いただきましたが、出来上がった診断書を拝見したところ実態よりも軽度の内容となっていました。
ご本人様より医師に連絡いただき、受診の上今一度実態についてお伝えいただいたところ、当時の内容に合わせたものを作成いただくことができました。
認定日から現在まで数回の就職、退職がありましたが、そう状態による一時的なものであったことを証明するため、ヘルパーを利用していた明細書を添付し提出しました。

結果

双極性感情障害で障害厚生年金2級を取得、さかのぼりで約840万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「双極性障害」の記事一覧