社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

うつ病(反復性うつ病性障害)で障害厚生年金2級を取得、年間約197万円を受給できたケース

相談者

女性(30代/無職)
傷病名:反復性うつ病性障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

相談時の相談者様の状況

仕事上のストレスにより精神科を受診されました。
通院・服薬を継続したところ、症状は一時的に軽快したため通院を中断。
ところがお子さんを出産後再度不安感や意欲低下といった症状が現れ、再び精神科に通院し始めました。
それ以降通院を継続していますが、思うように症状は改善していません。
初診病院にカルテはなく、日付だけが分かるという状態でどのように手続きをしたらいいのかとご相談にお越しいただきました。

相談から請求までのサポート 

ご本人様が確認した時点では、初診病院では日付のみ記載された受診状況等証明書を作成できるとのお話でした。
実際に受診状況等証明書を依頼したところ、初診から終診までの経過には何も記載はありませんでしたが、病名に「うつ病」、初診日終診日が記載されていたことから、ご本人様がお手元にお持ちだったお薬手帳のコピーと併せれば、初診日を証明できると考えお手続きを行いました。
診断書依頼の際にはこれまでの病歴をまとめ、現在の主治医にも初診病院にかかっていたことを伝えられるようにしました。
その結果作成ただいた診断書には初診病院からの経過をしっかり記載いただくことができ、病歴就労状況等申立書も整合性のとれたものを作成できました。

結果

うつ病(反復性うつ病性障害)で障害厚生年金2級を取得、年間約197万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「うつ病」の記事一覧