社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

自閉症スペクトラム障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(20代/無職)
傷病名:自閉症スペクトラム障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 (年間約78万円受給)

相談時の相談者様の状況

ご家族からお電話をいただきました。
幼少期にてんかん発作により小児科を受診していましたが、経過観察の過程で神経症を疑われたそうです。
服薬によりてんかん発作が抑えられていたため通院を中断していました。
大学卒業後は就職しましたが、わずか1か月半で退職となり、その後も人間関係や強いこだわりにより日常生活に支障をきたしている状態でした。

相談から請求までのサポート

ご本人に病識がなく、長らく受診をしていない状態でした。
まずは受診をしていただくことをご案内しました。
改めて受診し、各種検査の結果自閉症スペクトラム障害と診断されました。
詳しいエピソードも含んだ内容の濃い診断書を作成いただきました。
病歴就労状況等申立書は事前にヒアリングさせていただいた内容をもとに私共で作成いたしました。

結果

自閉症スペクトラム障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「発達障害・知的障害」の記事一覧