社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

てんかん性精神病で障害厚生・障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(30代/無職)
傷病名:てんかん性精神病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

相談時の相談者様の状況

相談者は中学生の頃にてんかん発作で通院をされたことがあったそうです。
薬で抑えられていたため、数年受診した後は自己判断で通院を中断されておりました。
その後、職場で当時交際していた相手からの暴言・暴力等で精神的に非常に不安定になり病院を再受診されたそうです。
服薬を継続しましたが、リストカットや意思の疎通も困難な状態となりました。
就労も困難な状態が長引いていることから、心配されたご家族から相談のご連絡をいただきました。

相談から請求までのサポート 

当初は、就労中を初診日として厚生年金での手続きを検討していましたが、出来上がった診断書を確認したところ、てんかん性精神病と傷病名が記載されておりました。
てんかんについては20歳前の受診がありましたので、国民年金での手続きに切り替えることになりました。
病歴就労状況等申立書には幼少の頃からの日常生活についてまとめました。

結果

てんかん性精神病で障害厚生・障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「精神疾患・その他」の記事一覧