社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

注意欠陥障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(40代/無職)
傷病名:注意欠陥障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 (年間約78万円受給)

相談時の相談者様の状況

ご本人から連絡をいただき無料相談にお越しいただきました。
幼少期から周囲とコミュニケーションがうまくとることが出来ず、変わった人と言われていたそうです。
仕事先では上司の指示が理解できず怒られることも多く、お客さんとトラブルを起こすこともあったようです。
家族の声かけにより現在は発達障害に特化したフォローアップを受けるため、メンタルクリニックに通院をされています。

相談から請求までのサポート

初診日を証明するため、受診状況等証明書の代理取得からサポートさせていただきました。
ご本人にはあまり病識がなかったため、診断書の作成依頼時の医師の問診の際にはご家族に同席いただき、実態をしっかりと伝えていただきました。
病歴就労状況等申立書には幼少期からのエピソードや、日常生活における支障をしっかりと記載しました。

結果

注意欠陥障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「発達障害・知的障害」の記事一覧