社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

自閉症スペクトラム障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(20代/無職)
傷病名:自閉症スペクトラム障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
 

相談時の相談者様の状況

初回無料相談にはお母様がご相談にいらっしゃいました。
お母様は幼少期から療育を行い息子さんが一般雇用で就労できるよう希望されていました。
実際にお仕事を始めたところ、職場に適応できず短期間での退職を繰り返してしまいました。
今後は障害年金を受給しつつ障害者雇用で就労する方が、社会参加が捗るのではないかという結論に至りご相談にいらっしゃいました。
ご自身で書類を全て整えるのは難しいというご判断で事務代行を承ることになりました。

相談から請求までのサポート

幼少時から医療機関を受診し、積極的に療育を受けていたため、各病院の受診歴を整理するところからお手伝いを始めました。
初診の病院は既にカルテが破棄されていましたが、2件目に受診した病院のカルテが保管されており、受診状況等証明書(初診日の証明書)を作成して頂くことができました。
また、成人してからは病院を受診していなかったため、今後、服薬の判断や生活上のアドバイスを定期的に受けることができる病院を探すお手伝いもさせて頂きました。
病院受診にあたっては、当センターが代理作成した生育歴・病歴をまとめた資料を病院に持参して頂き、診察や診断書作成の参考にして頂きました。
障害年金だけではなく、かかりつけ医を探すところからトータルでサポートさせて頂き、お母様も大変喜んで下さいました。

結果

障害基礎年金2級が決定し、年間約78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「発達障害・知的障害」の記事一覧