社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

うつ病で障害共済年金2級を取得、年間約160万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職 )
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害共済年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約348万円

相談時の相談者様の状況

ヘルニアを患って休職しているところに両親の介護が重なり、将来への不安を感じるようになりました。
次第に不眠の症状が現れ医療機関を受診、うつ病と診断されます。
ヘルニアの症状と相まって精神的にも肉体的にもつらい日々が続き、希死念慮が現れることもありました。
定期的な通院と投薬治療を行っていますが症状は安定せず、不眠や気分の落ち込み、全身の痛みから横になって過ごしていることがほとんどです。

相談から請求までのサポート

症状の悪化とご自宅の近くにとても評判の良い精神科クリニックがありましたので、そちらをご案内しました。
受診される際には、この方の発症から現在までの状況や、具体的な症状や日常生活の様子について詳細な資料にまとめ、医師へお渡しいただきました。
するとすぐに病状を把握していただくことができ、数回の受診で診断書もお書きいただけました。

結果 

障害共済年金2級を取得、年間約160万円を受給しました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「うつ病」の記事一覧