MENU

広汎性発達障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/障害者雇用)
傷病名:広汎性発達障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

相談時の相談者様の状況

就労移行支援事業所の勉強会にご参加いただいた利用者様でした。
障害年金の手続きを検討していましたが、通院中の病院では発達障害の検査が出来ないため診断書は書けないと医師から言われて困っていました。

相談から請求までのサポート

発達障害の検査を受けられる病院をいくつかお教えしました。
検査の結果、発達障害の診断を受けました。
日常生活のご状況をまとめた参考資料を作成するために、ご本人様からヒヤリングを行ったところ生活に支障はなしとのお答えがほとんどでした。
そこでご家族様に改めてヒヤリングを行ったところ日常生活や社会生活における様々な支障をお伺いすることができました。

結果

広汎性発達障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。