MENU

知的障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(20代/障害者雇用)
傷病名:知的障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
 

相談時の相談者様の状況

特別支援学校を卒業したご本人様とお母様が相談のため来所しました。
療育手帳の更新の手続きの際に、市役所から障害年金の説明を受けたが、手続きが煩雑でよくわからなかったそうです。
幼少期に療育センターで知的障害の指摘を受けたため、病院の受診は1度もありませんでした。
 

相談から請求までのサポート 

知的障害の方が受診できる病院を一緒に探すところからサポートしました。
幸いにも自宅近くにクリニックがありましたので、受診して頂きました。
知的障害は初診日が生年月日となるため、1年6か月経過後の認定日を待たずに、手続きすることができました。
障害年金の申請を出した翌月には障害者雇用での就労が決定していため、病歴就労状況等申立書に仕事内容や職場から受ける配慮を詳細に記載し、配慮ある環境下での就労であることをしっかり伝えました。

結果 

知的障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。