社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/無職)
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

相談時の相談者様の状況

就労移行支援事業所に訪問させていただき、個別相談会を開催しました。その際に、支援員の方と一緒にご相談頂きました。
障害者雇用での就労を目指していましたが、給料が少なく将来に不安を抱えていました。

相談から請求までのサポート 

初診日から10年以上が経過しており、初診日を証明することにとても苦労しました。
病院には初診日当時の記録は残っていませんでしたが、ご本人様が当時の病院の診察券を持っており、そこに初診日が記載されていました。
また、初診日の担当医師と現在通院中の担当医師が同じだったため、初診日がいつ頃であり、当時から担当医として診察をしている事を診断書に記載して頂きました。

結果 

統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」「統合失調症」の記事一覧