MENU

双極性障害で障害厚生年金2級を取得、年間約161万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:双極性障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

相談時の相談者様の状況

長年気分の波に苦しんでいましたが、性格の問題と認識していたため病気とは思っていませんでした。
妻の勧めで、精神科を受診したところ双極性障害と診断されました。
しかし、病気のことを受け入れられず暫く受診が途絶えていました。
仕事先の同僚や上司と度々トラブルを起こしてしまい、退職。
病気と向き合うために再び受診を再開しました。

相談から請求までのサポート 

障害認定日から3か月以内に受診をしていたため、当時の病状や日常生活の状況をヒヤリングし、参考資料を作りました。
診断書に病状等を書いていただくことができました。

結果 

双極性障害で障害厚生年金2級を取得、年間約161万円を受給できました。