社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

脳出血(左被殻出血)で障害厚生年金2級を取得、年間約130万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/会社員)
傷病名:左被殻出血
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約380万円

相談時の相談者様の状況

仕事より帰宅後、右半身の力が入らなくなりました。
救急搬送され手術となりました。
後遺症として重度の右半身麻痺と失語症が残ってしまいました。
懸命なリハビリにより復職できるまでには回復しましたが、右半身の麻痺や高次脳機能障害による記憶障害が残っているため、仕事、日常生活は周りの人や家族の支援がなくては成り立ちません。
 

相談から請求までのサポート

右半身が不自由ながら、ご本人様がご来所下さいました。
突然のご病気でお体に麻痺や記憶障害が残っているにも関わらず、非常に明るく前向きなご相談者様でした。
字を書くことや困難なことや記憶障害があるため、ご自身での申請は難しいということで当センターで申請代行する事になりました。
初診当時、勤務の関係で遠方にお住まいでした。
救急搬送された病院に直接出向くことが出来ないため、当センターが郵送で「受診状況等証明書」の代理取得を致しました。
また、発病から現在に至るまでの経緯をご記憶のつながる範囲でヒアリングし、「病歴就労状況等申立書」を作成しました。
途中、記憶の曖昧な部分については、各種診断書との整合性を図りながら仕上げて行きました。
完成した「病歴就労状況等申立書」を読み、記憶がゴチャゴチャになっていたご自身の病歴を再確認することが出来たと喜んで下さいました。

結 果

障害厚生年金3級を取得、年間約130万円を受給しました。
現在は復職されていますが、時短労働となったため収入が極端に減少し、経済的な不安を感じていらっしゃる中での受給決定でしたので、これからは安心してリハビリに努めていただくことを願っております。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体障害」の記事一覧