社会保険労務士法人 日本障害年金研究所 JR千葉駅より徒歩7分
MENU

人工関節(変形性股関節症)で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者

女性(50代/会社員)
傷病名:変形性股関節症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
年間支給額: 約58万円

相談時の相談者様の状況

股関節の痛みが治まらないため整形外科を受診。次第に歩行が困難になり医師より人工股関節の装着を勧められました。人工股関節を装着した現在は杖がなくても歩けるようにはなりましたが、違和感や痛みがあります。職場では足に負担のかからない業務をさせてもらうなどの配慮を受けています。

相談から請求までのサポート

 ご本人は会社に勤務中のため、病院との書類のやり取りは主に当センターにて行いました。初診日は厚生年金加入中でしたが、共済年金の加入時期もあり、加入期間証明書の取り寄せも代わって行いました。
在職中の方にとって手続きの負担を軽減してあげることはとても重要です。

結 果

障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給しました。

 

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「人工関節」の記事一覧