MENU

頚髄症で障害厚生年金2級を取得、年間約248万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/教員)
傷病名:頚髄症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

相談時の相談者様の状況

柔道部の練習中に生徒と一緒に倒れ、右腰部を打撲。
痛みが引かず悪化したため受診しました。その後、一過性の意識消失で転倒し、頸部痛が現れました。
腰からくる神経痛と思い病院を転々とするも症状が改善しません。
痛みが続き歩行困難な状況となったため、再度レントゲン、MRIを撮影したところ、椎間板ヘルニアによる高度な脊柱管狭窄ありと診断されました。
放置すると半身不随になる可能性もあり、医師から手術を勧められています。

相談から請求までのサポート

病院を転々としていたため、最初の病院で受診状況等証明書(初診証明)を取得するところからサポートさせていただきました。
診断書については、作成いただいた後内容を拝見したところ、修正箇所がありました。
年金事務所でスムーズに受付していただくためにも修正依頼を行い、診断書を整えました。
この方は歩行に大きな支障をきたしており、職場でも無理をしながらなんとか働いているという状況です。
このような具体的な状況は診断書だけで表すことはできません。
日常生活における不便な点については、病歴就労状況等申立書に詳細を記し提出をしました。

結果

障害厚生年金2級を取得、年間約248万円を受給しました。