MENU

中心性頸髄損傷で障害厚生年金2級を取得、年間約125万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/無職)
傷病名:中心性頸髄損傷
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの支給総額:約447万円

相談時の相談者様の状況

ご本人から電話でご予約いただき、後日ご両親と一緒に事務所へお越しいただきました。
業務中にトラックの荷台から落ちて首を強打し救急搬送されたそうです。
リハビリを継続しましたが左半身に麻痺が残り、面談の時点では杖を使用しなければ歩行が全くできないほどになっておられましたので、障害等級2級以上に該当する可能性が高いと判断しました。

相談から請求までのサポート

まずこの方は緊急搬送された病院でカルテに基づいた受診状況等証明書(初診証明)を作成してもらわなければなりませんでしたので、当センターが代理で病院に足を運びました。
出来上がったものを確認したところ、必須項目が空欄でしたのでその場で追記のお願いをしました。
診断書については杖がなければ歩行が困難なのにもかかわらず「歩く」という動作が一人でうまくできると判断されておりました。
実態に即した診断書を作成いただくために、参考資料をお渡しし、訂正をしていただきました。
また診断書だけではあらわせない、日常生活の不便な点についての参考資料を作成し、病歴就労状況等申立書に添付し提出をしました。

結果

中心性頸髄損傷で障害厚生年金2級を取得、年間約125万円を受給できました。