うつ病・軽度精神遅滞で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(30代/無職)
傷病名:うつ病・軽度精神遅滞
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

相談時の相談者様の状況

中学校時のクラス替えをきっかけに不登校となり、引きこもりの生活をするようになりました。
中学校卒業後も進学や就職をすることはなく、引きこもりの生活が続きました。
次第に抑うつ状態、不眠、不安感といった症状が現れるようになり、医療機関を受診。
うつ病と診断されました。
その後、知能検査を受けたところ、精神発達遅滞との診断も受けていらっしゃいます。
現在もうつ病の諸症状が続き、ご家族の援助のもと日常生活を送られています。

相談から請求までのサポート

当初、ご本人様からは初診が20歳以降であるとお伺いしていました。
その初診日では年金保険料の納付に未納があり、申請ができない状況でした。
初診に関する証明書を取得したところ、精神的な症状で20歳より前に内科に通院していることが判明し、その内科を初診として手続きを行いました。
証明書にはどのような症状でどういったお薬を処方していたのか記載いただき、現在の病気に関わる受診であることを証明していただきました。
当時の状況を記載していただけたことが障害年金の受給に繋がったケースとなりました。

結果

障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例