MENU

注意欠陥多動性障害で障害厚生年金2級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談者

女性(20代/無職)
傷病名:注意欠陥多動性障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

相談時の相談者様の状況

仕事上のストレスでうつ病を発症し、その後注意欠陥多動性障害と診断されました。
治療を継続していましたが、病状は改善せず自殺企図を繰り返していました。
また、家事全般は夫が代わりに行っていました。

相談から請求までのサポート

障害認定日当時から病状が重かったため遡って障害年金の手続きを行うことにしました。
日常生活状況を参考資料にまとめて、診断書依頼時に医師に渡しました。

結果 

注意欠陥多動性障害で障害厚生年金2級を取得、年間約100万円を受給できました。