MENU

注意欠陥多動性障害で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/無職)
傷病名:注意欠陥多動性障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

相談時の相談者様の状況

出張相談会にご家族様と一緒に来所しました。
障害年金について詳細をご説明、当初は遡りのお手続きを希望していましたが就労状況や給料の増額が障害年金の審査で加味されることをご説明したところ、認定の可能性の低い診断書代金をかけるのは無駄になるとご判断され、事後重症請求を行いました。
 

相談から請求までのサポート

診断書の依頼時に日常生活について参考資料をまとめたものを医師にお見せし、現状に即した診断書を作成ただきました。

結果

注意欠陥多動性障害で障害厚生年金3級を取得、年間約58万円を受給できました。