MENU

軽度知的障害で障害基礎年金2級を取得、年間約123万円を受給できたケース

相談者

女性(40代/無職)
傷病名:軽度知的障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

相談時の相談者様の状況

お電話にてご相談いただきました。
軽度知的障害と判明したのは最近のことで、療育手帳を取得しようとしたところ小学校時代の通信簿や記録など一切残っておらず取得ができませんでした。
20歳より以前に病院を受診していましたが、カルテも残っておらず、年金も未納の時期が多かったため20歳前に受診したことを証明できなければ手続きが厳しい状況にありました。

相談から請求までのサポート 

知的障害に加え抑うつ状態もあり面談には来所できないことから、お電話や郵便のみでお手続きを進めました。
20歳前に通院した病院を証明するものが一切ないため、第三者証明書で手続きすることにしました。
幸い協力いただける方がいらっしゃり、2名の第三者証明を取得できました。
現在の病院へ診断書依頼を行う際には、日常生活の詳細に加えこれまでの病歴を参考資料で伝え、診断書に反映いただくことができました。
病歴就労状況等申立書は出生から現在に至るまでのご様子を詳細に伺い、幼少期から様々な症状があったことを明記しました。

結果

軽度知的障害で障害基礎年金2級を取得、年間約123万円を受給できました。