MENU

知的障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

女性(20代/障害者雇用)
傷病名:知的障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支給総額: 約78万円

相談時の相談者様の状況

特別支援学校を卒業後、障害者雇用で就労していました。
ご本人様が1919歳の時にご契約頂き、障害年金の手続きを進めていました。
今まで病院で治療を受けていなかったため、診断書を作成頂くために日常生活をきちんと伝える必要がありました。

相談から請求までのサポート 

診断書を依頼するにあたり、日常生活でお困りのことや障害者雇用で就労中に受けている配慮、契約満了後の再就職への不安も参考資料にまとめました。
20歳の誕生日後、診断書をご作成いただき無事障害年金を受給することができました。

結果

知的障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できました。