軽度精神性知的障害で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

相談者

男性(20代/無職 )
傷病名:軽度精神性知的障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

相談時の相談者様の状況

出生から3歳児検診まで、先天性の疾患を指摘されることはありませんでした。
幼児期から人との関わりが出来ず、独りで遊ぶことがほとんどでした。
幼稚園入園後も注意力が散漫で集団行動が苦手でしたが、家族や周囲も本人の性格や意識の問題と捉えていました。
小学校入学後、理解力・記憶力の低さが顕著になり自分の名前さえかけない状況となります。
小学校2年生時に児童相談所で知能検査を受けたところ、特別支援学級に行くよう指導され転校しました。
また、他人や妹への嫌がらせ等異常行動がみられ、月に1~2回、病院を受診しました。
中学校進学後も周囲とのコミュニケーションがうまくいかず、家でも部屋のドアを激しく叩いたり、突然怒鳴りつけたりするようになります。
通信制の高校を卒業後は就労支援施設への通所やアルバイトを経験しますが、人間関係がうまくいかず長続きしませんでした。
現在は定期的な外来通院で、生活指導・カウンセリングを受けています。

相談から請求までのサポート

ご家族様が代理でご相談にいらっしゃいました。
ご本人様は障害者枠での就労も継続できず将来に対する不安が募っており、ご家族様も疲弊状態でした。
知的障害ということで特定の病院を受診しておらず、ご相談者様にあった病院探しからお手伝いを始めました。
出生から現在に至るまでのご様子をお母様から詳細に伺い、参考資料にまとめました。
受診時や診断書依頼時には資料をご参照頂くことができ、大変丁寧な診断書を作成していただくことができました。

結果

障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給しました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例